残土ふるい機や土質改良機を使いこなす~産廃処理について考える~

機械

瓦礫の増大

特別な設備が必要

建設員

大規模な災害や大きなプロジェクトでのビルの解体、マンションやアパートの解体などで多くの瓦礫が発生します。この瓦礫の中にはコンクリートとだけではなくその中に含まれる鉄筋などやビニール片など、瓦礫には様々な種類の廃棄物が混ざっています。これらの廃棄物は廃棄するわけにはいかないのでそのほとんどが廃棄物処理場に持ち込まれ処分されることになります。処理場では埋め立て処理するところもありますが、ガレキ選別を行って再生品として再利用する処分場もあります。 再利用する処分場ではこのコンクリートの塊である瓦礫を細かく砕きガレキ選別を行ってコンクリート片と金属その他の物に分けて再利用を図っています。ガレキ選別を行うには大掛かりな設備を必要とします。

瓦礫が再生品に

ガレキ選別を行うには大規模な設備を必要とします。まずコンクリート片を小さく砕かなければなりません。これ行うには岩やコンクリートを小さく砕く機械が必要になってきます。ロッククラッシャーという機械がコンクリートを砕く機械となります。この機械は短時間でコンクリートや岩などを砕くことができる機械です。小さくなったコンクリート片はベルトコンベヤーに乗って人間の目視によりガレキ選別が行われます。昔施工されたビルや建築物のコンクリート片の中には鉄筋のほかビニール片、竹、軍手など様々なものが紛れ込んでいます。それを目視によって選別します。 コンクリート片だけになったものは道路工事の際の基礎に使用されたりして再生品となっていきます。