マウスピース矯正の治療を受ければ人生が変わる

これぞプロのワザ!マウスピース矯正のメリット

悪い歯並びはすぐに治そう

人によって、どのような歯並びをしているのかは異なります。様々ある歯並びのなか、一刻も早く治すべき歯並びというのが存在します。もし、そのような歯並びになっているのであれば、矯正歯科で矯正治療を受けましょう。

矯正治療をするべき歯並びの代表例

  • 出っ歯
  • 八重歯
  • オープンバイト
  • 反対咬合

マウスピース矯正の治療を受ければ人生が変わる

男性

マウスピース矯正だと治療中であることがバレない

矯正治療の代表的な治療法として、表側矯正がありますが、歯の表側に矯正装置を装着するため目立ってしまい、治療中であることがバレてしまいます。しかしながら、マウスピース矯正は、矯正装置が透明なので目立ちません。

女性

金属アレルギーでも心配無用

矯正装置によっては、金属を使用したものがあります。もし、金属アレルギーを持っていたら、アレルギーを発症してしまうので、その矯正装置を使用することができません。そして、その際の別な方法として挙がるのが、マウスピース矯正。マウスピース矯正で使用するマウスピースは、金属を使用していないので、安心して治療することができますよ。

院内

口内炎ができにくい

ワイヤーを使った矯正装置を装着すると、ワイヤーがあることによって、口内が傷ついてしまい口内炎になりやすくなることも。しかし、マウスピース矯正ならそんな心配がありません。ですから、食事も楽しめることでしょう。

マウスピース矯正をするうえでの注意点

口元

装着時間には気をつけよう

治療を開始するにあたり、歯科医師から「毎日これだけの時間は装着してほしい」という指示があります。もしこの指示を守らないと、予定通りに治療が完了しませんので、歯科医師からの指示はきちんと守るようにしてください。

歯ぎしりが癖になっていれば歯科医師に相談を

マウスピースは寝ている時も装着する必要があります。歯ぎしりが癖になっていると、マウスピースが破損してしまう可能性があります。マウスピースを壊さないためにも、歯科医師と歯ぎしりについて、よく話し合いましょう。

入念に歯磨きをしよう

治療中は、マウスピースを長い時間装着することになりますので、装着している間は唾液が歯にあまり付着しなくなります。そのため、装着していない時よりも虫歯のリスクがありますので、いつもよりも丁寧に歯磨きをするようにしてください。

広告募集中