残土ふるい機や土質改良機を使いこなす~産廃処理について考える~

機械

産業廃棄物には該当しない

対策がしっかりすると予想

機械

残土処理は建物を作る際に掘った使用用途のない土です。産業廃棄物としては該当せず、処理に困る事もしばしばあります。後から使うためにある程度ストックしておく場合もありますが、今後は産業廃棄物として認識される可能性もあり、しっかりとした対策が練られる事も予想出来ます。又、地中深く掘った際にはどうするか、あまり出ない場合にはどうするかなど予め予想をしておき、残土処理にあたるとも考えられます。そして、現在もある残土のストック場を更に利便性良くし、残土処理をもっと様々な面に利用出来るかどうかも審議されると予想出来ます。もちろん、受け入れてくれる会社も増える兆しを作り、不安のない残土処理を行う事も予想する事が可能です。

処分する際には費用を見る

残土処理は単にストック場に送るだけでなく、それに掛かる費用なども予め考えておく必要があります。インターネット上では残土処理自動見積もりと言う物もあり、これを利用する事で大体の費用が分かる様になっています。又、埋め立て等に利用するなど再利用も可能となっている事は基礎知識です。土の適正などもあるため、利用する場面によっては考え付かない様な利用も出来るのが残土です。ただ処理するだけでなく、条例によって決められている場合がある事も知っておきたい事です。そして、残土の種類を知っておく事で工夫した利用が可能となります。これは、意外と知られていない事であり再利用する際には種類も重要です。一般に利用する時には電話で見積もりを出して貰った後に、最後まで責任を取ってくれる場所が適切です。